お問い合わせフォーム

お勧め記事玄米
玄米に含まれるギャバとは

genmainoeiyou-3-4

はじめに

玄米に含まれているギャバは、アミノ酸の一種でストレス緩和効果や痴ほう症の予防、改善に役立つと言われています。
ストレス社会で働いている現代人にとって、なくてはならない成分の1つです。玄米であれば、それだけでギャバ以外にも、食物繊維やビタミン、ミネラルといった栄養素を一度に摂取する事が出来ますので、大変おすすめなんですよ。

ギャバって何?

玄米に含まれている有効成分のギャバは、正式名称を「ガンマ-アミノ酪酸」と言います。アミノ酸の一種であり、玄米以外ですとチョコレートや豆乳などに取り入れられていますので、聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
そんなギャバ、実は抗がん作用や痴ほう症に効果的だと言われています。動脈硬化や肝機能へも有効だと言われていますので、医療の世界でも早くから取り入れられています。何よりもストレスを抑えて、精神を安定させる効果がある事から、大変人気なのです。

記憶力の促進効果

脳を活性化させ記憶力低下を防ぐギャバの効用の1つに、記憶力の促進効果があると言われています。ギャバを摂取する事で、脳への酸素供給量をアップさせ、脳や脳細胞を活性化し、記憶力低下の改善作用をもたらしてくれるのです。この効用を活かして、アルツハイマー型の痴ほう症の改善や予防効果、ボケ防止などに取り入れられています。また、頭部の事故による外傷後遺症の治療などにも活用されています。

ギャバに副作用はあるの?

ギャバは大量に摂取をしたとしても、その成分が脳や血液を殆んど通さない事から、安全性の高いものだと言えます。ですが、何か持病を抱えている人に関しましては、一応ギャバを摂取しても問題ないかどうかというのを、医師に確認しておくと安心でしょう。
また、ギャバにはストレス緩和や痴ほう症の予防など、様々な効能がありますが、自己判断で病気の治療として取り入れないようにして下さい。ギャバを摂取する際には、バランスの良い食生活を心がけたうえで、補助的に摂取するようにしましょう。

ギャバを多く含む発芽玄米を食べよう

ギャバを多く含む発芽玄米ギャバは、カボチャや発酵食品など、色んな食品に含まれていますが、何よりも一番おすすめなのが玄米です。玄米は、ギャバ以外にも、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。ですが、この玄米を発芽させることで、本来持っているギャバの成分を、約5倍にも増やすことが出来るのです。玄米に水分を浸透させて発芽させる際に、グルタミン酸からギャバが作られます。
玄米でも十分にギャバを摂取する事は出来ますが、より多く摂取したい人は、発芽玄米がおすすめですよ。

おわりに

ストレス社会で働く人にとって、まさにギャバは無くてはならない成分です。忙しい人には、チョコレートなどのお菓子でも簡単に摂取する事が出来ますが、せっかく摂取するのであれば、玄米が大変おすすめです。疲れてしまった身体にしっかりと栄養を与えるには、バランスの良い食生活が欠かせません。玄米は、それだけでも十分にバランスの良い栄養素が豊富に含まれています。
普段食べているお米を玄米に変えるだけで良いのですから、簡単に取り入れる事が出来ますね。忙しい毎日に追われている人は、是非玄米を食べるようにしましょう。

ブログ記事一覧へ戻る